TMAF概要・会場案内

  • Home
  • /
  • TMAF概要・会場案内

開催日:2020年6月27日(土)、28日(日)

イベントスケジュール(予定)

・決定次第更新していきます。
・「★」印がついている箇所はTMAFシリコンバンドの提示が必要です!
・「@」の後は開催場所が書いてあります!
・TMAFパンフレットを購入された方は、パンフレットにイベントスケジュール表が載っていますので、そちらもご覧ください♪

 6月27日(土)
08:30~09:15 先行更衣室開放(前売りしているTMAFパンフ引換券が必要)
09:15~22:30 ★更衣室開放
09:15〜18:00 受付オープン
09:15〜18:00 パンフレット販売@受付

6月23日(日)
09:15~17:30 ★更衣室開放
09:15〜16:00 受付オープン
09:15〜16:00 パンフレット販売@受付
16:00~17:00 閉会式 / 集合写真撮影@洞爺湖文化センター

両日共通
温泉街まるまるコスプレ会場
・キーワードラリー 6/27(土) 10:00~17:00 / 6/28(日) 10:00~16:00

※イベント内容はあくまで予定です。変更する場合もありますのでご了承下さい。
※詳細については内容が決まり次第、お知らせいたします。
※当日はツイッター(@TOYAKO_Manga_An)にて時間変更などもつぶやいていますのでフォロー、ハッシュタグ(#tmaf)検索をご活用下さい。

会場

主催

 TOYAKOマンガアニメフェスタ事業推進委員会

共催

 洞爺湖町

後援

  • 洞爺湖町商工会
  • とうや湖温泉旅館組合
  • 洞爺湖温泉飲食店組合

TMAFでは洞爺湖温泉街がすべてコスプレ会場となっています。

まだ洞爺湖温泉にいらっしゃったことがない方、また、チョット雰囲気を忘れちゃった!という人のために、洞爺湖温泉でコスプレ撮影できる風景を載せました。

コスプレはオールジャンルOKです!

特撮・アニメ・マンガ・ゲーム等のコスプレ…
2日間ありますので、1キャラのまま過ごしても、途中で着替えて撮影しても、疲れたからちょっと温泉につかっても、花火の中撮影しても、ステージ解放の時にステージを利用してもOKです!!

観光協会

観光情報センター

観光情報センターは、1Fがバスターミナルになっていてイベント本部が設置されます。
現在写真で見えている入り口は2Fになります。

文化センター

洞爺湖文化センター

洞爺湖文化センター」は、TMAFの更衣室やステージイベントはここで行います。
洞爺湖文化センターは、観光情報センターと並んでいます。

エスポワール

洞爺湖の遊覧船「エスポアール

昼間は洞爺湖の中央に浮かぶ中島へ運航する遊覧船として、夜は花火鑑賞船として運航。
船上での撮影も可能です♪

花火

洞爺湖ロングラン花火

夜の8時45分からは洞爺湖で花火が打ち上げられます。遊覧船に乗りながら花火をバックに撮影はいかがでしょう?いつもと違う雰囲気で海賊になれるかも!?

神社

洞爺湖神社

なんと!鳥居が白いです。
坂の上の高いところにあり、洞爺湖を一望できます。山もすぐ裏に有。
撮影のほかにコスプレで参拝もなかなかない経験では?

噴火記念公園

有珠山噴火記念公園

パフォーマンスフリーエリアとして開放!
TMAFではこの公園内のみ、動画撮影・配信を許可しています!!
音楽をかけて踊るもよし、団体で集合写真をとるもよし。
奥に屋外ステージがあるのでそこで歌ってもよしです。

展望広場
展望広場2

洞爺湖ビジターセンターより少し山側には「展望広場」があります。

廃墟1
廃墟2

その先にある「金比羅火口災害遺構散策路」は2000年3月に噴火した有珠山噴火災害の様子をそのまま保存した散策路です。特撮に使われそうな雰囲気です。廃墟をバックに怪人・使徒と戦える!?

温泉街
温泉街2

洞爺湖温泉の街並。一時的に歩行者天国になる予定!

薬師
おみくじ

洞爺湖神社から湖畔に下りていく途中に「薬師如来堂」と「おしゃべり賽銭箱」があります。お湯につかったり、おしゃべり賽銭箱の不思議な感じを体験してみては!?

湖畔淵1
湖畔淵2
彫刻
洞龍の湯

洞爺湖温泉の湖畔淵の写真です。遊歩道(全長1.8Km)として温泉街の端から端まで湖畔沿いに歩くことができます。
遊歩道には彫刻があったり、公園があったりと、いろいろ楽しむことができます。

 

2013年から会場として追加された洞爺地区。
洞爺湖温泉街とは、ちょうど対岸に位置しています。

例年はTMAF1日目のみの会場となっていましたが、なんと今年は2日間とも開放となります!!!

洞爺湖温泉街から洞爺地区へ向かうバスも出ていますので、ぜひ足を運んでみてください♪

気になる方のために、洞爺地区の風景をちょっとご紹介♪(TMAF2014時のスタッフブログです♪)
洞爺地区で撮影してみた。その1 / 洞爺地区で撮影してみた。その2 / 洞爺地区で撮影してみた。その3

●とうや水の駅

連絡バスの発着場。湖側にまわると桟橋、砂浜があります。

ここ、とうや水の駅でも「TMAFパンフレット」の販売と「更衣室」が用意されます!!

観光協会
水の駅 洞爺地区

浮見堂

陸続きの小島に浮かぶお堂。
浮見堂 洞爺地区
水の駅 洞爺地区

洞爺八幡神社

ちょっと長めの会談を上って境内に行くと、小さいながらも神社のお堂があります。
洞爺八幡神社 洞爺地区
洞爺八幡神社 洞爺地区

洞爺湖芸術館(入場料が必要)

洞爺地区にある芸術館。中に置いてある作品を写真に撮ることは禁止されていますが
作品が入らないようにすれば、館内での撮影は可能です。
洞爺芸術館 洞爺地区

入口を入ってすぐにある扉。ちょっとカッコいい。
洞爺芸術館 洞爺地区

2階へ上る階段。赤じゅうたんが映えますが実際はちょっと暗いです。
洞爺芸術館 洞爺地区

そして2階の通路。窓から差し込む光とまっすぐに伸びる赤じゅうたんがいい雰囲気です♪
洞爺芸術館 洞爺地区

TMAF2018から大人気の撮影スポット亀岩ゼロポイントをご紹介!

この亀岩ゼロポイント洞爺地区にございます!
亀岩地図
利用可能日時:未定
料金:TMAFシリコンバンドを提示してください
注意事項
◆滞在スタッフ(カヌー運航の方)が砂浜で待機してくれています。
◆TMAFシリコンバンド提示で、砂浜に待機しているカヌーがゼロポイントまで運んでくれます!
◆砂浜からカヌー出発→亀岩(撮影者ポイント)に到着→カヌー移動→水面に立てるゼロポイント(被写体ポイント)に到着、の流れになります。 
◆カヌー移動はそれぞれ1~3分かかります。
◆ゼロポイント(被写体ポイント)に立てる人数は2人が限界です。
◆カヌー移動のため、大人数での撮影や大きな荷物を持っての撮影はできません。
◆水辺での撮影やカヌーでの移動時、衣服が濡れる可能性があります。あらかじめご了承ください。
◆カヌー移動や撮影に時間がかかるため、待機時間が発生する場合があります。あらかじめご了承ください。
◆地図に表示されている「無料駐車場」から砂浜までは200mくらい。道路と砂浜の間は少し長めの草が茂っていますのでご注意を。
◆トイレは無料駐車場の所に併設してるので事前に済ませましょう♪

 

亀岩ゼロポイントでは、このような写真を撮ることができます!!

亀岩写真
亀岩白黒

まるで水面に立っているような、幻想的な写真を撮ってみてはいかがでしょうか…!
なお、撮影可能な時間や人数には限度がありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします♪

亀岩ゼロポイントでのお願い

  1. ライフジャケットについて
    本来カヌーに乗る際はライフジャケットの着用が絶対に必要ですがTMAF開催中に限り、レイヤーのみなさまのみ着用しなくてもOKとします。
    ただし、現地スタッフの指示には必ず従って下さい。
    カメラマンは必ずライフジャケットを適切に着用していただきます。
  2. 亀岩ゼロポイントまでカヌー移動について
    一度にカヌーに乗れるのは2名まで。それ以上の場合は、全員が亀岩ゼロポイントに到着してから撮影となります。
  3. 亀岩ゼロポイントについて
    自然の岩です。スタッフが事前にある程度綺麗にはしてますが、"滑ります″。足元注意です!
  4. 写真の撮影について
    撮影用の別な岩へカメラマンをご案内するか亀岩ゼロポイントの周りをカヌーで1周します。(湖の状況により撮影方法が変わります)
    カヌーで1周して撮影する場合、2周はしません…
  5. 独り占めしない
    撮影が終わりましたら、すぐ岸に戻ります。なるべく多くの方が撮影できるようにご協力下さい。
  6. カメラマンがいない場合
    カメラマンがいない場合は現地スタッフがシャッターを押してくれますが...
    もちろんプロではないのでノークレームでお願いします♪
  7. 安全第一!
    天候により波が高い、風が強いなど現地スタッフが「危ない!」と判断した場合は、暫時待機、又は中止の可能性もありますのでご了承下さい。

当日はプレス並びに公式カメラマンによる撮影が行われます。
ご来場の様子が雑誌や各媒体へ掲載の可能性がありますのでご了承下さい。

* 取材、撮影を受ける際は「プレス証」をご確認ください。
* 「プレス証」のない取材は無許可ですのでお断りください。
* 取材、撮影を行う方には、被写体になる方へ取材、撮影内容の説明をお願いしております。内容を確認し、お断りいただいても構いません。
* また、「顔を映さなければ・・・」など条件をつけていただいても構いません。

なお動画撮影・配信につきましては、指定された場所(有珠山噴火記念公園)以外での撮影・配信は禁止となっております。
指定されている場所以外で、動画撮影・配信をなさっている方を見つけた場合は本部、スタッフにお知らせください。

*有珠山噴火記念公園の場所→グーグルマップ

公式カメラマンの撮影について

* 公式カメラマンの撮影した写真は、資料、HPなどに使用されます。
* 基本的に個人が限定できる(顔がわかる)ような使用はいたしません。
* 近距離の撮影を行う場合もありますが、その場合は使用方法を説明させていただき、了承を得られた場合のみ、近距離の撮影をさせていただきます。

何かご不明な点がありましたら、お問合せください。