TMAF概要・会場案内

  • Home
  • /
  • TMAF概要・会場案内

今回のTMAF2022 Rebootは、新型コロナウイルス対策を実施しての開催となります。

感染リスクを最小限にするために、TMAFに参加される方は、以下の基本的な感染防止対策を徹底するようお願いいたします。

 

1.マスクを着用しましょう

  • 屋内外問わず、マスクは原則 常時着用してください。
  • マスクは、鼻からあご下までしっかり覆い、顔に隙間なくフィットさせてください。
  • マスクの品質は確かなものを、できれば不織布のものを着用してください。
  • 撮影時のみマスクを外してよいこととしますが、マスクを外した状態での会話は控えてください。
  • 気温が高くなってきたときは、マスク着用による熱中症のリスクが高くなりますので、息苦しいと感じた時は会場から少し離れて休憩するなど、決して無理はしないでください。
  • 疾病や障害等でマスクを着用できない方は、代替となる感染症対策を実施してください。なお、マスクを着用していないことで、何度もスタッフによる確認が行われる可能性があることをご理解ください。

※5月21日現在、屋外や屋内でのマスク着用について政府が見解を示していますが、今のところ、TMAF中は原則、撮影時以外は常時マスク着用をお願いいたします。


2.こまめに手洗い・手指消毒をしましょう

  • 会場内の出入り口等に消毒用アルコールを設置しますので、こまめに手指消毒をしてください。特に、ドアノブやスイッチなどの共用部に触った後や食事の前後などは必ず行うようにしましょう。
  • 消毒用アルコールの使用が難しい方は、手洗いをこまめに行ってください。


3.密接・密集・密閉(3密)を避けましょう

  • 一つの密でも避け、ゼロ密を目指しましょう。
    「密接」…マスクなし× 大声×
    「密集」…大人数× 近距離×
    「密閉」…換気が悪い× 狭いところ×


4.その他の注意事項

  • 重症化リスクが高い方、持病がある方などは、感染時のリスク及びワクチン接種の有無などを踏まえ、各自で参加の可否を判断してください。
  • 政府の定める期間に「新型コロナウイルス感染症と診断された / その方との濃厚接触があった」「政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等に渡航した / その方との濃厚接触があった」のいずれかに該当する場合、参加はお断りいたします。
  • 新型コロナウイルス感染症に罹患され、政府の定める期間を経過し、軽快・治癒された方においては、 各自の健康リスクに応じて、主治医にTMAF参加を事前に相談してください。
  • 当日、自宅や宿泊施設を出る前に、体温の測定や自覚症状の有無について確認してください。平熱と比べて高い発熱がある場合や体調がすぐれない場合、倦怠感や息苦しさを感じたとき等は、参加を見合わせてください。また、イベント中に体調が変化(悪化)したときは速やかに帰宅し、病院等の受診を検討してください。